君が 世界の はじまり

『君が世界のはじまり』

放課後、渡り廊下、通学路、冷たいタンク、君。

主演 松本穂香 原作・監督 ふくだももこ 『えん』『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』 脚本 向井康介

『君が世界のはじまり』

原作・監督 ふくだももこ 『えん』『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』 脚本 向井康介 松本穂香 中田青渚 片山友希 金子大地 甲斐翔真 小室ぺい

『君が世界のはじまり』

原作・監督 ふくだももこ 『えん』『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』 脚本 向井康介 松本穂香 中田青渚 片山友希 金子大地 甲斐翔真 小室ぺい

『君が世界のはじまり』

原作・監督 ふくだももこ 『えん』『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』 脚本 向井康介 松本穂香 中田青渚 片山友希 金子大地 甲斐翔真 小室ぺい

『君が世界のはじまり』

原作・監督 ふくだももこ 『えん』『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』 脚本 向井康介 松本穂香 中田青渚 片山友希 金子大地 甲斐翔真 小室ぺい

Cast

Image Clip

主演松本穂香

青春時代って、一瞬すぎるからなのか、どこか記憶がぼんやりしている。大切な瞬間が溢れてたはずなのに、記憶が抜け落ちてる。だけど、多分、その時感じた切なさやあたたかさは、ずっとずっと心の中に感触として残ってるんだと思う。恥ずかしいぐらいまっすぐだった私たち。過去があって、今がある。私たちはずっと、何かに向き合いながら、苦しみながら生きてきた。そんな当たり前のことに救われる気がする。だから大丈夫。私たちは大丈夫。ダサくても痛くてもいい。だから伝わるものがある。そんな気持ちでこの作品に挑みました。

悪さした人は、 あのタンクの中に入れてしまえばええよ

Image Clip

中田青渚

私が演じた琴子は口も態度も悪いですが、自分の気持ちに正直で、周りの人から、琴子の生き方が羨ましいと思われるような女の子です。普段の私は、琴子のように自分の気持ちに正直な人を羨ましく思っているので、琴子を演じることは新鮮であり、挑戦でした。監督や松本さんと撮影前から2人の関係性について何度も話し合い、大切に作りました。
一瞬で過ぎ去ってしまう青春時代の儚さや苦しさがぎゅっと詰まっている作品になっていると思います。

あんたは何で うちとおるんやろうな

Image Clip

片山友希

5人、3人と奇数で集まることが多かった。心の中で2.2.1や2.1で分かれると、いつも私が余るんやろうなと思っていた。実際そうだった。仲良い子はいたけど、親友や幼馴染みといった特別な子は今もいない。その寂しさを知って、ずっと隠していた感情を声に出そうと思いました。

お父ちゃん死んだら、 お母ちゃん戻ってくるやろか…

Image Clip

金子大地

ブルーハーツはもともと好きでよく聴くんですが、やっぱり最高だなと改めて思いました。台本を読んだ時に面白いと感じたことが映像にもしっかり出ていて、皆さんにも伝わると思います。僕の演じる伊尾はすごく繊細な人物だと思いました。簡単に伊尾のことを説明するのは難しいのですが、とにかく僕も葛藤しながら演じました。みんなでこの作品のために一生懸命作った作品なので是非観ていただきたいです。

こんな何もねぇとこで生きるなんて ぜってー無理! マジで気が狂うわ!

Image Clip

甲斐翔真

あの時みたいに何にも縛られず自由に生きたいなぁなんて青春時代を思い出すこともあると思います。そんな華やかな青春のイメージとはまた違った、思春期の高校生たちのリアルなもがきがこの映画から見えたらいいなと思います。誰にも言えないこと、言葉にできないこと、人それぞれ悩みがあると思います。悩むということがいかに人を育てているか、僕はこの作品で気付きました。たくさん悩んでたくさん想い出を増やしていきたいですね。

そんなん余裕や やからお前もちゃんと傷つけ 逃げるな

Image Clip

小室ぺい

今回この作品を通して、青春時代というものがなんとあまりに痛々しいものであるかを数年ぶりに追体験することになりました。窓の外で止まったままの空、本当にそれがすべてだった日々。でもあの時感じていた、痛みやら焦りやら涙やら全部にまとめて火をつけた時、僕らは残った灰の中からやさしさを拾い集めることができるんじゃないか。そういう希望があるこの映画が好きです!是非皆さんよろしくお願いします。

自分だけ自由になりたいなんて、 そんなんで人にやさしくできんのかな

Staff

原作・監督ふくだももこ

「君が世界のはじまり」のもとになった小説「えん」と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」は、私にとって、どうしようもなく特別な物語だ。
“青春”という箱の中に入れられるのを嫌悪していたあの頃の、胸を突き抜けて飛び出しそうなエネルギーが、すべての登場人物に詰まっている。この映画が、どこへも行けない、何にもなれない、そんな風に思っている誰かの、はじまりのきっかけになればいいと願っています。
私が書いた、ゴツゴツトゲトゲした岩のような小説を切り取り、石にして世に出してくれた人がいて、手に持てるよう丁寧に削ってくれた向井康介さんの脚本があって、一緒に磨いてくれた素晴らしいスタッフと、松本穂香をはじめとする、才能ある俳優たちがいる。すべての人の力を合わせて「君が世界のはじまり」は、誰も見たことのない、燦然と輝くたったひとつの宝石になった。どうかこのきらめきが、あなたの心を照らしますように。

脚本向井康介

40歳を越えて、もう青春映画を書くことはないと決めていた矢先に、佐々木史朗さんとの出会いがあり、“ふくだももこ”という若い作家の短編小説を知りました。二十代の書く文章に自分はもうついていけないだろうと思っていたのに、驚くほど心の中に入ってくる。なぜなのだろう? そんな疑問から、僕の中でこの企画は始まりました。
「ふくだ、君が晩年になって、人が作品を振り返ったときに『ふくだももこの初期の代表作と言ったらこれしかないよね』とみんなが肯くような映画にしよう」
何度目かの打ち合わせのあと、居酒屋で僕はふくだにそう言ったのを覚えています。とても小さな物語だけれど、この映画が生まれる一助を担ったひとりとして、本当にそんなふうに語り継がれるような作品になってくれたら嬉しいです。

  • 特報